シルエット天国〜ラブ

ロマンスといえばシルエットシリーズ、その中でもシルエット・ラブストリームばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

消えた愛人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ボディチェックをする彼の指先に彼女は恋の予感を抱いた。このままでは犯人が逃げてしまう!カレンは殺人犯とおぼしき怪しげな男を追ってホテルを飛び出し、愛車を駆って尾行を開始した。だがその途中、スピード違反で捕まってしまう。「自分が何をしたかわかっているの?」憤りのあまり、カレンは相手の刑事をにらみつけた。ジャックと名乗るその長身の刑事は、事情を説明しても信じず、反抗的なカレンを警戒してボディチェックをおこなう始末だ。恥ずかしさに耐えかね、赤面するカレンに、彼は氷のように冷たい表情を保ったまま言った。「動くな」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ダニエルズ,B.J.
夫と二匹のスパニエル犬、そして一匹の猫とともにモンタナに暮らす。彼女の作品の多くがモンタナを舞台としているのはそのため。初めて書いた小説でロマンティックタイムズ誌の批評家新人賞を受賞。アメリカロマンス作家協会の一員として活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

テキサスの箱入り娘―トレビの誓い〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
イタリア人パイロットに恋したアメリカ娘三人が鉢合わせ。そして、同時に失恋した彼女たちはトレビの泉にコインを投げた…。三世代ぶりに生まれた女の子として過保護に育てられたうぶなリビーは、男の誘い言葉も、まともに受けとめてしまう。結婚しようと一大決心してローマに来たのも、ニックを信じたからだ。それなのに、三人の女性と鉢合わせして当てが外れてしまった。このまま帰れば、家族の望むとおりに幼なじみと結婚することになる。憂鬱な気分で飛行機を待っていたリビーは、離婚経験のある男性イーサンと知り合い、ニューヨークでしばらくベビーシッターをしてくれないかと頼まれて喜んで引き受ける。彼との関係は、単なる取り引きのはずだったが。

プリンセスのためらい―世紀のウエディング〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
幼いころ行方知れずになった兄を探す四人の王女たち。三番目の王女キャサリンは、ある実業家の屋敷を訪ねるが、多忙を理由に何度も門前払いをくわされてしまう。でも彼のビジネスパートナーに関する情報をつかむまでは、身分を明かすことはできない。そう思いながら再び連絡を取ると、今度はすんなり受け入れられた。どうやら教育係の応募者と間違われたらしい。当主のトレイ・サザランドは妻亡きあと子供たちに手を焼き、一方、子供たちは母親を失って愛に飢えていた。誤解を訂正しないまま仕事を引き受けてしまったキャサリンは、やがて、普通の女性として人を愛し、愛されることを知る…。いかにも王女といった華やかな姉たちや妹に比べて、控えめで地味なキャサリン。が、王女だとは知らず彼女を愛した男性は、実は奔放で情熱的な女性だと見抜いていた。

ロマンスの神様―ローンスター・ソシアルクラブ〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
彼にかかったら、女はお手上げ。だけどわたしは、男なんてもうたくさん!敏腕弁護士ノア・バクスターはサンアントニオ法曹界でうわさのプレイボーイ。いたずらっぽくきらめくブルーの瞳が女性たちの心をつかんで放さない。ただし、厳格で高潔で犯罪者を容赦なく罰する女性判事、サディー・トンプソンだけは別だった。かつて共に暮らした男が別れ際に暴露した話のせいで、彼女はベッドでも氷のように冷たいともっぱらの評判だ。サディーはそれを隠れ蓑として、男性を寄せつけない。二度と傷つきたくなかった。だから引っ越し先の管理人に入居者にまつわる恋の伝説を聞かされても、聞き流していた。私の人生に男性はいらない。それなのに…真上の部屋にノア・バクスターが住んでいたなんて。

シークの愛人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
わたしにはあの鷹ほどの自由もないのね。ヘイリーは大空を舞う鳥を見あげ、つぶやいた。ここアナイザの宮殿に囚われてから何日がたつだろう…。仕事で訪れた中東で、彼女は不運にも戦争に巻きこまれた。救いだしてくれたのは砂漠のプリンス、シーク・ゼイン・ハーリス。だが彼はヘイリーをハーレム―愛人の館に閉じこめたのだ。ヘイリーが幽閉を解いてほしいと直訴したところ、ゼインは官能的な笑みを浮かべて言った。「きみの体にぼくが触れる。最初からきみが望んでいたことだ」なんですって?そんなことあるわけ…ないわ!そう言いかけた瞬間、彼女の唇はゼインに奪われていた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
メイン,エリザベス
末の子が二歳になってから小説を書き始める。新しい媒体の出版に関心を持っており、インターネット上でも作品を発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

遅れてきた恋人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
幼くして孤児となったジェシーは父の友人に引き取られ、富裕なマッキャンドレス家で成長した。ある日、長男キングへの恋心に気づいて愕然とする。兄妹のように育てられたとはいえ、彼はこの家の御曹子。あの冷たい態度からしても、彼と結ばれるわけがない…。思い悩んだ彼女はキングをあきらめるために屋敷を去り、街で職を見つけてひっそりと暮らしていた。だが先ごろ暴漢に襲われ、そのとき負ったけがの療養のためにキングの屋敷にしばらく身を寄せることになったのだ。相変わらず魅力的な彼とひとつ屋根の下で暮らす―わたしはこの想いを封じこめられるのかしら。

内容(「MARC」データベースより)
幼くして孤児となったジェシーは父の友人に引き取られ、裕福なマッキャンドレス家で成長した。ある日、長男キングへの恋心に気づいて愕然とする。兄弟のように育てられたとはいえ、彼はこの家の御曹司…。

花嫁を誘拐?―トラブル・ウェディング〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
結婚式を間近に控えたケイトは、ある日、婚約者と一緒に町の広場を歩いていた。法外な場所に駐車しようとする車に遭遇し、運転手に注意した。「ちょっと!道の真ん中に車をとめないで」すると突然、車の中から銃を持った人間が飛び出してきて、ケイトに向かって発砲しはじめた。危機一髪のところを救ってくれたのは、彼女の婚約者ではなく、たくましい腕と琥珀色の瞳を持つ、見知らぬ男だった。ろくに話もせず、彼はケイトの前から姿を消してしまう。ところが結婚式の当日、その男がふたたび現れ、教会からケイトをさらっていった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ダイアモンド,ジャックリーン
テキサス生まれ。結婚して二十年以上になる。その間に二人の息子をもうけ、五十を超える小説を書いた。作家生活に入る以前は、通信社のリポーターやテレビコラムニストとして活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ラッキーをつかまえろ―危険を愛する男たち〈9〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
海軍基地周辺で連続レイプ事件が発生していた。犯人は大男でシール部隊のバッジで被害者に焼き印を残す。目撃者のひとり、フリー記者のシドは、軍人の関与を示唆する記事を書かずにはいられなかった。軍・警察合同の捜査会議が開かれ、強引に参加したシドは、そこで海軍側の代表ルーク・オドンロン大尉と顔を合わせた。まっ白な制服姿もりりしい大尉は、まぶしいほどの美男子。ハンサムボーイの常としてシドに華やかな笑みを向けた。シドは大尉と同じ特捜班に加えられ、共同作業が始まった。こんな、ルックスだけの男にあやつられてはたまらないわ。警戒心をかきたてるシドに、意味深長な目つきで大尉は言った。「ラッキーと呼んでくれ」―これはさっそく誘惑モード。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ブロックマン,スーザン
1992年に初めてロマンス小説を書く。また、執筆のかたわら音楽活動を行っており、編曲なども手がける。ボストン郊外の小さな町に住んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛する予感 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
エージェント会社を経営するA・Jのもとに、テレビのプロデューサー、デビッド・ブレイディがやってきた。彼は超心理学をテーマにした番組を企画しており、A・Jのクライアントであるクラリッサに出演してほしいという。クラリッサは著名な超能力者で、A・Jの母親でもあった。母親を見世物扱いされるのではと警戒するA・Jだったが、デビッドと握手をしたとたん、激しい感情の波に襲われる。実は自身も超能力を持つ彼女は、なにかを感じたのだ。意思とは裏腹にデビッドに惹かれてしまう自分が恐ろしくなり、A・Jは必死の思いで心を閉ざした。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ロバーツ,ノーラ
メリーランド州で育つ。’81年、シルエット・ロマンス「アデリアはいま」でデビュー。’98年に「マクレガーの花婿たち」でニューヨークタイムズ・ベストセラーリスト第一位に輝き、翌年には年間14作がベストセラーリスト入りを果たすなど記録的な人気と実力を誇っている。作品は全世界25カ国以上で翻訳され、日本でもすでに100作以上が刊行されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

美しすぎる狼 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「あなたは心を失った王子さまね」妻を亡くしたあと山奥でひっそり暮らしているタイラーは、都会からやってきた情熱的な美女にそう言われてはっとする。アンナはタイラーの母親が勤める美術館の新任学芸員だ。その彼女が雪の降るなかを訪ねてきたのは、きっと、妻の命日を一人で過ごす息子を心配した母の差し金に違いない。悲しみの癒し方は人それぞれなのに…。一方アンナは、タイラーに会うたび胸がどきどきしていた。でも、彼の心には亡き妻以外の女性が入る余地はない。憧れても、おとぎばなしのような奇跡は訪れないのだ。ところが、激しくなった雪がふたりを山小屋に閉じこめた。アンナは緊張し、普段以上におしゃべりになって、不安と期待を抱いた―なにかが起こるかもしれない。

ハロー!江東区!> <東京ぶらぶら> <墨田区紀行> <鶯谷・うぐいすだに> <美容外科> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース> <台東紀行> <電子たばこ> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <台東クラブ> <GOGO!江戸川区!> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <アキバ中毒のページ> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <千葉の印刷なら千代田印刷> <高収入バイト情報

ooo鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」ooo パソコン.コレクションooo ~新宿 Live House~ooo よい街、品川ooo 春日ちゃんのお散歩マップooo Simple Smoker(シンプルスモーカー)ooo 山手線エリア~こだわり専門店~ooo ファッション.コレクションooo リネージュIIクロニクル インタールードooo 山手線エリア~異国の料理を味わう!~ooo 伊豆諸島を巡ってみよう!江戸川区!ooo 性病検査キットooo ジューシーな肉料理ooo 千葉鉄男の千葉を走る鉄道集ooo AV・カメラ・PCooo 千葉県の民俗・風俗ooo ちば!ちば!ちば!千葉の伝統文化。ooo 裏千葉ラーメン戦線異状なしooo 川は生きているooo 千葉を中心としたの潮干狩り場・潮干狩り情報をご紹介する~ちば潮干狩り.COM~ooo