シルエット天国〜ラブ

ロマンスといえばシルエットシリーズ、その中でもシルエット・ラブストリームばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

薔薇の迷宮―孤高の鷲〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
クレアは夜の薔薇園にひとりたたずんでいた。ここはグリフと過ごした思い出の場所だ。南部有数の大富豪にして、若きCIA幹部。冷徹な頭脳と熱い肌を兼ねそなえた男性。いまだクレアが愛してやまないグリフ・キャボットは一年前テロリストの凶弾に倒れ、帰らぬ人となった。グリフ、あなたがいなくて本当に寂しいわ。今わたしを苦しめている難題も、あなたならきっと…。ふいに闇と濃い霧の向こうに人影が浮かびあがり、深みのある声がクレアの思いをさえぎった。「きみの力になりたい」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウィルソン,ゲイル
作家になる前は高校で英語と世界史を教えていた。ロマンティック・サスペンスと、十九世紀初頭の摂政期を舞台にした歴史ロマンスを書き分けながら、北米ではこれまで二十作以上の作品をハーレクインから刊行。ロマンス小説界の由緒あるRITA賞を二度も受賞したほか、数々の賞を獲得している。すでに独立した一人息子も教師となり、現在は夫と米アラバマ州に暮らす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

花嫁は行方不明?―トラブル・ウエディング〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ジョーダンは家の経済的危機を救うため、愛していない相手との結婚を決心した。ところが結婚式の当日、怪しげな二人組の男が現れ、無理やり彼女を連れ去ろうとした。わたしを誘拐しようというの?そんなばかな!必死で抵抗するジョーダンの前に、バイクが止まった。乗っているのは、タナー・コールドウェル―高校時代に彼女がひそかに恋心を抱いていた男性だ。十年前に町を去ったはずのタナーが、どうして今ここに?ジョーダンは息が止まるほど驚いたが、とっさに彼のバイクの後ろに乗り、教会をあとにしていた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ネフ,ミンディ
ルイジアナ州出身。結婚してカリフォルニア州南部に住み、五人の子供を育ててきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

王女への階段―入れかわったプリンセス〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
施設育ちの苦学生クロエ・マーシャルの親友は、エンズウェイ国の王女モイラだ。見た目がそっくりな二人はよく入れかわって、教授たちをだましては楽しんでいた。すると、モイラが大胆な提案をし、二人は永久に入れかわる作戦を実行に移した。クロエにとって夢のような生活が始まった。十六年ぶりに帰国することになると、偶然アメリカ訪問中の隣国の国王から、専用機で送るとの申し出があった。少女のころしか知らない王様なら見破られるはずがないわ。だが、読みが甘かった。彼はおとぎ話の王子そのもの。正体がばれたら…。不安と恐怖にさいなまれながらも、クロエはしだいに“王女モイラ”になっていく。

さまよえる令嬢―孤高の鷲 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
晩餐会の帰り、暴漢に襲われたケリーを救ったのは、ジョン・エドモンズと名乗るタキシード姿の紳士だった。誠実な態度と熱いまなざしに、彼女は直感した。彼こそ運命の男性―私がずっと待っていた騎士。夢のような時間を過ごしたものの、やがてケリーは非情な現実を知る。兄の不審な死の調査のため“フェニックス結社”を訪れたところ、ジョンが結社の腕利きエージェントであり、任務でケリーを監視していたとわかったのだ。甘い言葉も燃えるような口づけもすべて偽り…。怒りと涙が込み上げ、彼女は絶句した。

内容(「MARC」データベースより)
晩餐会の帰り、暴漢に襲われたケリーを救ったのは、ジョン・エドモンズと名乗るタキシード姿の紳士だった。彼こそ運命の男性-私がずっと待っていた騎士。夢のような時間を過ごしたものの、やがてケリーは非情な現実を知る…。

闇のささやき (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
神秘と異国情緒にあふれた町―ニューオーリンズ。初めて訪れたこの地で、キャスリンは心に誓った。怪しげな団体に身を投じてしまった妹をこの手に取り戻すのだ。噂によると、その団体はセクシーな男性信徒たちの魅力で町じゅうの女性を虜にし、寄付金を集めているらしい。警察があてにならないなら、みずから潜りこむしかない。キャスリンは彼らの本拠地のオカルトショップに足を踏み入れた。「ようこそ、“ミスティック・アイル”へ」背後からなめらかなバリトンが響き、振り向いた彼女は息をのんだ。ああ、なんてすてきな人…。完璧だわ。そこには美貌の男性が謎めいた微笑を浮かべて立っていた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウェイン,ジョアンナ
ニューオーリンズ近郊に夫とともに暮らす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

裏切りの一夜―狼たちの休息〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
殺人事件を目撃したためマフィアに脅迫されているデボラは、現れた専属ボディガードを前にして驚愕した。アシュ・マクローリン―わたしが愛した最初で最後の人。デボラは幼いころからアシュに恋いこがれていたが、別の女性を思っていた彼が振り向くことは決してなかった。たった一度のあの夜をのぞいては。十一年前のあの日、恋人にさげすまれて動揺したアシュは、若いデボラの差しだす愛と純潔を受けいれた。だがその直後、彼は町を出て二度と戻らなかった。そして今…。こちらを見つめるアシュの瞳に激しい憎悪を認め、デボラは自らの抱える秘密を思い、身を震わせた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
バートン,ビバリー
学生時代を通じて創作活動に親しむ。結婚し、二人の子供を産んでから専業主婦となっていたが、執筆活動に復帰してからはアメリカロマンス作家協会に加入し、大いなる貢献をする。1990年にデビューして以来、マギー賞や全米読者賞を受賞。ロマンス小説界の最高峰RITA賞の最終選考にも残ったことがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

失われた伝説 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
レベッカは遺跡発掘作業の責任者として忙しい日々を送っていた。だが以前に敷地内で殺人事件が起きたこともあり、不安な思いは影のようにつきまとっている。ある日森で不審者を見かけた彼女は、あわてて保安官に通報した。現れた保安官のドルーはてきぱきと仕事をこなしつつも意味ありげな視線を送ってくる。町一番の人気者で、あらゆる女性を手に入れられる彼にとって、新参者のわたしは手ごろなターゲットなのかしら?警戒しながらも、レベッカは彼の提案にひそかにどぎまぎした。「きみの安全のため、ぼく一人で夜間の張り込みをしよう」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
バーンズ,キャロライン
両親ともに新聞記者という家庭に育ち、わずか十二歳にして地元新聞のフォトジャーナリストとなった。大学でジャーナリズムを学び、卒業後は政治ジャーナリズムの世界に進んだが、創作短編を発表したところ好評だったため、本格的な執筆活動に入る。以来、ロマンティック・サスペンスを中心に三十作以上を発表し、人気を集めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

闇のささやき (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
神秘と異国情緒にあふれた町―ニューオーリンズ。初めて訪れたこの地で、キャスリンは心に誓った。怪しげな団体に身を投じてしまった妹をこの手に取り戻すのだ。噂によると、その団体はセクシーな男性信徒たちの魅力で町じゅうの女性を虜にし、寄付金を集めているらしい。警察があてにならないなら、みずから潜りこむしかない。キャスリンは彼らの本拠地のオカルトショップに足を踏み入れた。「ようこそ、“ミスティック・アイル”へ」背後からなめらかなバリトンが響き、振り向いた彼女は息をのんだ。ああ、なんてすてきな人…。完璧だわ。そこには美貌の男性が謎めいた微笑を浮かべて立っていた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウェイン,ジョアンナ
ニューオーリンズ近郊に夫とともに暮らす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ふたつの顔を愛したら (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
アンバーは豪華客船のデッキに立ち、漆黒の闇を見つめていた。夜風がカクテルドレスに包まれた肌を優しく撫でる。こんな場所で運命の人にめぐりあえるなんて…。知人のダルドリン上院議員に誘われ、クルーズに加わったところ、護衛を務める男性マイケル・アダムスと出会ったのだ。熱いまなざしに貫かれた瞬間、わたしは身も心も彼に捧げ…。不可解な音が物思いをさえぎり、彼女はぎょっとして振り返った。ダルドリンが黒ずくめの服装の男たちに連れ去られようとしている!思わず叫んだが、アンバー自身も囚われ、ナイフを突きつけられた。目を上げると、そこにはマイケルの冷酷な笑みがあった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グレアム,ヘザー
新作を出すたびニューヨークタイムズをはじめ数々のベストセラーリストに顔を出す人気作家。作品は15カ国語に訳され、発行部数は世界中で2000万部を超える。フロリダで生まれ育ち、大学では舞台芸術を専攻した。卒業してからは女優やモデルなどの職業を経験し、第三子出産後に執筆を始める。受賞歴も豊富で、テレビのトークショーに出演したり、雑誌で取り上げられたりするなど実力と人気を兼ね備えている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

幕引きは華やかに―闇の使徒たち〈12〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
洗脳を得意とする精神科医ドクター・ブルックス。それが、FBI捜査官マライアの仮の姿だ。彼女は“連合”組織の内部に潜入し、極秘に活動を続けてきた。今回の任務はとくに慎重に進めなくてはならない。ジェイクを無事に救出する過程で、かなり手荒な行動も必要になる。だけど、敵も味方も同時に欺くなんて、私にできるかしら?マライアの治療室にジェイクが運び込まれてきた。彼のブルーの瞳は、何かを企んでいるように輝いている。この人は、なぜこんなに自信たっぷりなの?マライアは必至で雑念を振り払うと、注射針を彼の腕に突き刺した。

内容(「MARC」データベースより)
洗脳を得意とする精神科医ドクター・ブルックス。それが、FBI捜査官マライアの仮の姿だ。今回の任務はとくに慎重に進めなくてはならない。ジェイクを無事に救出するために、敵も味方も同時に欺くなんて、私にできるかしら?

ハロー!江東区!> <東京ぶらぶら> <墨田区紀行> <鶯谷・うぐいすだに> <美容外科> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース> <台東紀行> <電子たばこ> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <台東クラブ> <GOGO!江戸川区!> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <アキバ中毒のページ> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <千葉の印刷なら千代田印刷> <高収入バイト情報

ooo芸能人女子フットサルooo Fight!格闘技オタク!ooo 対戦求む!千葉最凶のゲーマー!ooo リネージュIIクロニクル2ooo 千葉天ぷら・千葉天ooo 新型インフルエンザマスクooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo 家電、AV機器.コレクションooo おいしいくだものメニューooo 山手線エリア~こだわり専門店~ooo 将棋好き好き@千葉ooo ガシャポン戦死!ooo 「TaEco」(タエコ)ooo 巣鴨で散策!ooo うまい米@千葉ooo 中野区居住化計画ooo 日暮里 鶯谷 上野 ニュースooo 葛飾区を知れ!ooo 100均より安いooo 週末お出かけマップアンドパーク千葉ooo